モテる男の話し方

モテる男の条件TOP > バックナンバー一覧

おすすめサイト


モテる男の話し方

この記事をはてなブックマークに追加

こんにちは、恋愛ナビゲーターの朝倉 恵です。

先日私の友人が『寒くなると人肌恋しくなるね(笑)』
とこぼしていました。

かれこれ2年ほど恋人がいないとのこと。
顔もスタイルも性格も、決して悪くない友です。

なぜ恋人ができないと思う?と問うと

『出会いがない』

と・・・。

あなたもそんなふうに思っていませんか?

私はそんなお話を聞くたび、出会いがないのではなく
理想のハードルが高い、もしくは積極的に来てくれるのを待つなど
相手任せにしているのではないかと思っています。

話をしてみなければ相手の本当の良さは分かりませんよね。

とりあえず話をしてみる。

話せる環境を作る努力をする。

モテ男に近付くためにはちょっとした努力が必要なのではないかと思います。

ということで今日のお題は・・・。


合コン必勝テクニック! 意中の女性と仲良くなるために

人の印象は、8割方“第一印象”で決まると言われています。

そう考えると合コンでの出会いがこの先に繋がるかは
その瞬間でほぼ決まると言えるでしょう。

女性がどんな気持ちでいるのか、あなたのどこを見ているか。

今回は女性視点から考えてみたいと思います。

◆モテる男の話し方その1 座る場所

合コン会場に到着し、皆と軽く挨拶を交わしました。

さあ、あなたはどんな座席順がいいと思いますか?

男性同士で話しても仕方がありませんので
男女ごっちゃのランダム形式で座るのがいいと思いがちですよね。

実はこれ、女性には面倒な配置だったりします。

私がホステスをしていた経験からも自分の両隣り、正面にも
相手がいるとまずは誰と話をしたらいいのか戸惑ってしまうのです。

また、全体的にワイワイと盛り上がっている時はいいのですが
徐々に個人的な意見も出ますよね。

あっちもこっちもでは話が飛び飛びで落ち着きません。

ゆっくり話ができなかったうえ 『気を使って何だか疲れた・・』で
終わってしまいます。

なので最初は男女対面の形で座るといいでしょう。

座る場所は「中央」が理想的です。

例えばあなたが話上手・仕切り上手でないタイプなら
端っこの方が落ち着くかもしれません。

しかし端っこは互いに顔が見えにくくアピールしづらいですよね。

特に対角に座る女性はまともに顔が見えず
会話すらままならないのではないでしょうか。

すると必然的に目の前の女性としか会話できませんよね。

対角に座る女性とのほうが価値観が合う可能性もあります。

お酒がすすめば徐々に緊張もほぐれると思いますので
合コンでは対面形式、プラス正面(中央)に座りましょう。

◆モテる男の話し方その2 正面に座る場合のデメリット

合コンでは正面に座るのが理想的といいましたが、
もちろんデメリットもあります。

それは「きちんと顔が見えること」。

話が矛盾してしまってますね(笑)

合コンですからオシャレに決めたいところです。

相手はあなたがどんな人かな~と探っていますので、
小物やアクセサリーなどちょっとしたこだわりにも
敏感に気付いてくれるでしょう。

しかし一番見える部分はどこでしょうか。

当然『顔』ですよね。

一般的に面接の時は相手の目を見て話すべき、と言われています。

ただ、正直なところ初対面で相手の目を見て話すのは難しいです。
必然的に見るのは鼻や口元になるでしょう。

・・・勘のいい方ならもうお気付きですね。

そう、鼻から見える「毛」にご注意です(笑)

それが飛び出ているだけで生理的にNGであり
百年の恋を一瞬に終わらせると言っても過言ではありません。

また、ボサボサのまゆ毛は何となく清潔感に欠けますし
手入れしすぎて虫の触角のようなまゆ毛はガツガツ感が
表れてしまいます。

ちょっと面倒かもしれませんが第一印象を大切にしてくださいね。

今回は見える部分に焦点をあててみました。

自分をアピールしなければ恋に発展しませんし
イケメンでもそうでなくても清潔感は大事です。

次の合コンが決まりましたら早速参考にしてくださいね。

次回は合コンでの対応やしぐさについて触れてみたいと思います。

⇒女性からモテる方法が知りたい方はこちら



⇒元カノと寄りを戻す方法が知りたい方はこちら


この記事をはてなブックマークに追加



(必須)
(必須)

※登録・解除は無料です。



トップページへ戻る

モテる男の条件

モテるメール術

モテるデート術

モテる合コンテクニック

女性心理を知る

モテる男の条件メニュー






▲モテる男の条件TOP - モテる方法 - 運営情報 - お問い合わせ - リンクについて - サイトマップ