女性の“パーソナルスペース”に侵入する方法

モテる男の条件TOP > バックナンバー一覧

おすすめサイト


女性の“パーソナルスペース”に侵入する方法

この記事をはてなブックマークに追加

『パーソナルスペース』って言葉、聞いたことありますか?

簡単に言うと、その人が持つ、精神的な縄張りです。

そのスペースに、誰かが侵入すると、
緊張して、意識するようになったり、
場合によっては嫌悪感を抱いたりすることもあります。

ドキドキさせるのと、嫌悪感を抱かれるのは
全く逆のことですよね。

実はこれ、近づき方によって左右するんです。

つまり、パーソナルスペースがどんなものか知って
それを、意識的に利用して近づけば、

彼女に嫌悪感を抱かせずに、
ドキドキ意識させることができるのです。

そして、彼女の自分に対するパーソナルスペースを、
どんどん狭くしていくのです。

そのためには、まずは自分と彼女との
今の関係を知らなければいけません。

あなたが思っている関係ではなく、彼女が
思っている、あなたとの関係です。

通常、パーソナルスペースは
相手との関係によって、広さが違います。

45cm以内なら、
家族や恋人、親友など、かなり親密な関係です。

45~120cmなら、
友人や知り合いなど、プライベートなことが話せる関係。

120~360cmなら、
同僚や上司など、仕事などの社交的な関係。

今のあなたと彼女の距離は、どのくらいですか?

「意外と近いじゃん!」とか

「120cm以上ある・・・」とかいろいろだと思いますが

もちろん、これはその人の性格によって
個人差もありますので、目安だと思ってくださいね。

そして、360cm以上の時だって、
落ち込むことはありません。

少しずつ、彼女との距離を縮めていけば
いいだけのことですから。

ですが、一歩間違うと嫌悪感を抱かせてしまいますので、
焦らないようにしてくださいね。

彼女との距離が、360cm以上の場合。

まずは、彼女から120~360cm以内のエリアに
入っていきましょう!

常に彼女の視界に入っているだけでも
彼女のあなたに対する印象は、変わってくるはずです。

360cm以内に入ることは、彼女にとっても
警戒するほどの距離ではありませんので、
難しいことは考えずに、近づくようにしてくださいね。

そして、100cm前後まで、距離を縮めるときは
コミュニケーションを取ることから
スタートしましょう!

「おはよう!」でも「お疲れ様!」でも
はじめは何でもOKです。

でも、ここでひとつポイントがあるのです。

それは、1歩近づくこと。

コミュニケーションを取る時だけ、
一瞬、彼女に近寄るのです。

彼女の近くにずっといたい気持ちは分かりますが、
ここは一瞬です(笑)

親しい相手ではないのに、いきなり距離を
縮められ、しかもずっと侵入されっぱなしだと、

彼女からスッと距離を置かれてしまいますので
気をつけてくださいね。

そして、彼女をドキドキさせるには、
実は、あなたの位置が大切なのです。

というのが、パーソナルスペースは彼女を中心に
円を描くような形をしていると言われています。

そして、位置によって
緊張が警戒心に変わるのです。

ちょっと、想像してください。

あなたの上司が、後ろからそっと近づいてきて
「お疲れ様!」
とポンっと肩を叩くのと、

あなたの真正面から、ズンズンと近づいてきて
「お疲れ様!」
というのは、ちょっと印象が違いませんか?

後ろからだと、
「気にかけてくれてるのかな?」という印象に対し、

真正面から来られると、
「何か怒られるんじゃないか?」なんて、思いませんか?

彼女も同じなのです。

いきなりドスン!と正面に座って
話しかけるよりも、

まずは、彼女の斜め前や斜め後ろの位置から
距離を縮めていくことで、彼女に嫌悪感を抱かれずに
ドキドキさせることができるのです。

モテる男は、自然と女性との距離を縮めていきます。

物理的な距離が縮まれば、心理的な距離も
縮まってきます。

ぜひ意識して、彼女との距離を縮めていってみてくださいね。

焦りは禁物ですよ~。

⇒今すぐモテる方法が知りたい方はチェックしてみてくださいね!



⇒元カノと寄りを戻す方法が知りたい方はこちら


この記事をはてなブックマークに追加



(必須)
(必須)

※登録・解除は無料です。



トップページへ戻る

モテる男の条件

モテるメール術

モテるデート術

モテる合コンテクニック

女性心理を知る

モテる男の条件メニュー






▲モテる男の条件TOP - モテる方法 - 運営情報 - お問い合わせ - リンクについて - サイトマップ